=海外口座開設等の関連サイト等=


「戦後の国内外インフレ」
戦後の国内外インフレの概要
「緊急!海外口座開設」
海外口座開設の機会は
「国家財政破綻、庶民の対策は?」
国家破産の対策は
「関連ブログ:庶民の口座開設」

=関連書籍=


 国家破産等に関する書籍の6冊

 書籍を参考に日本が厳しい状況であることや今後の対応を考えて下さい。

    
 アベノミクスによりインフレ・大幅な円安に 

    
 アベノミクスは、本当は怖ろしい。     
 
      
 安倍政権で政府の借金はGDP比300%へ。 
 2018年ハイパーインフレに。    

         
  最近の株高から楽観論が広がっているが、とんでもない話だ。 

       
 どうやって資産を生活を守っていくべきなのか?     
    
 いよいよ金利上昇・インフレの時代がやってくるのだ。どう備えればいいのか。



=海外口座開設の勧め=

 海外口座開設については、3年位前までは、インターネットで、海外の現地口座の開設をサポートする業者が多数、存在しましたが、現在は、規制されて、信頼できる業者は、殆ど見あたりません(知人の話では、当局が調査・指導に入るとのこと)。

「日本の居住者が海外の現地口座を開設出来る」ようになったのは、1998年の規制緩和の一環として行われたものであり、政府が歓迎していた事とは思えません。

 海外の銀行口座の開設は、全てを自己で行う事が原則となって来ました。 

 全てを自己で行う事は、海外の銀行制度の違い、英語力の問題等が有って、なかなか大変ですが、方法は残されていますので、努力をして下さい。

A)HSBC香港銀行(HSBCは世界的トップレベルの銀行):香港は、利息等に現地の税金がかからないタックスフリーのもっとも近い地域です)

 HSBCジャパンのプレミアム口座の運用の一環として、HSBC香港の口座開設サポートを受けることが出来ましたが、規制により、2012年3月にプレミアム口座が廃止されました。
 
B)シティバンク香港(シティバンクは世界的トップレベルの銀行) 
 最近まで、郵送で口座開設出来ましたが、現在はたいへん難しくなりました。
 1つの開設方法は、先ずシティバンクジャパンに口座開設・預金をして、数ヶ月後に、シティバンクジャパンが発行する預金残高証明を得て、インターネット申請+書類郵送、あるいは直接、香港の銀行に出向いて申請するなど、自己解決で口座を開設する。
 
 開設後、銀行とのすべての取引はインターネットを通じて行えます。 下に例示しますが、図解入り日本語の操作マニュアルを利用すれば、誰でも口座の運用管理が簡単に行えます。
 「シティバンク香港のインターネットバンキングマニュアル(英語力不要!)」

****************

=各種情報サイトへ=

1.日常生活に役立つ約2百項の総合案内:新聞・気象情報・テレビ番組検索・世界/国内地図・道路地図鉄道・TV局・航空会社・等 :各政党、各種政府情報等、学校・遊園地・動物園や百科事典等 :為替・商品先物、各種ランキングや自動車・家電等のメーカ一覧等 :各種資格・健康関係、教育・IT等の案内サイト
生活・暮しお役立ち情報集
  
2.激安・格安の各種商品情報

格安・激安のお勧め商品集

格安・激安のお買い得ミュージックCDやコミック等

激安・格安の通販サイト集

若返り専門通販

格安お買い得ショップーエクアシドー

3.在宅ワーク・お小遣い稼ぎ情報
趣味と実益、モニターリサーチ
在宅ワーク・お小遣い稼ぎ

=参考図書=

 リチャード・A・ヴェルナー著”円の支配者”
 浅井隆”次にくる波”
 浅井隆”小泉首相が死んでも本当の事を言わない理由”上巻
 藤井厳喜”国家破産以後の世界”
 太田晴雄”インフレであなたの生活が破綻する”
 立花隆”滅びゆく国家”